検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Oxygen solubility in dysprosium mononitride prepared by carbothermic synthesis

高野 公秀; 伊藤 昭憲; 赤堀 光雄; 小川 徹

Journal of Alloys and Compounds, 327(1-2), p.235 - 239, 2001/08

 被引用回数:12 パーセンタイル:60.73(Chemistry, Physical)

炭素熱還元法によりDy$$_{2}$$O$$_{3}$$から調製したDyN中の酸素溶解度を、固溶酸素量及び格子定数測定により求めた。得られた格子定数は、固溶酸素量の増加とともに減少すること、また、固溶酵素量は温度上昇とともに増大することが明らかとなった。結果として、DyN-Dy$$_{2}$$O$$_{3}$$擬似二元系における1気圧窒素での酸素溶解度は、1628Kで約9mol%DyO,2075Kで約14mol%DyOとなることを示した。

報告書

UO$$_{2}$$-Dy$$_{2}$$O$$_{3}$$系の相研究

内田 正明; 市川 逵生

JAERI 1203, 10 Pages, 1971/03

JAERI-1203.pdf:0.87MB

擬二次元素UO$$_{2}$$-Dy$$_{2}$$O$$_{3}$$をヘリウム中1100$$^{circ}$$C$$sim$$2100$$^{circ}$$Cの温度で熱処理することにより調整し、X線回析および顕微鏡観察で調べた。DyO$$^{1・5}$$の成分比から65mole%にわたって螢石型構造の固溶体が形成され、さらに60$$sim$$70%の範囲で中間相の学相領域が見られた。この中間相は、b.c.c.構造で螢石型固溶体の一種の規則状態と考えられ、その存在範囲は高温になるほどUO$$_{2}$$側に広がることが見出された。この中間相とDy$$_{2}$$O$$_{3}$$相の間には70から90%にわたってかなり広く二相領域が見られた。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1