検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Spectrochemistry of technetium by liquid electrode plasma optical emission spectrometry and its applicability of quantification for highly active liquid waste

山本 昌彦; Do, V. K.; 田口 茂郎; 久野 剛彦; 高村 禅*

Spectrochimica Acta, Part B, 155, p.134 - 140, 2019/05

本研究では、発光分光分析装置の小型化に有効な液体電極プラズマに着目し、これに基づく発光分光分析法(LEP-OES)によりテクネチウム(Tc)の発光スペクトルについて調査した。その結果、200-500nmの波長範囲において合計52本のピークを確認し、全てTcの中性原子線とイオン線に帰属された。最も発光強度の高いピークは、254.3nm, 261.0nm, 264.7nmで確認された。模擬試料を用いて、高放射性廃液中に共存する成分による分光干渉の影響を評価した結果、264.7nmのピークでは干渉なく測定できることがわかった。そこで、264.7nmのピークを用いて分析性能を評価した結果、検出限界値は1.9mg/L、Tc標準試料(12.0mg/L)の繰り返し測定時の相対標準偏差は3.8%(N=5, 1$$sigma$$)であった。

論文

Energy dispersion of auger electrons in resonant excitation of the Mo 2p$$_{3/2}$$ orbital in Mo and Li$$_{2}$$MoO$$_{4}$$

佐々木 貞吉; 馬場 祐治; 吉井 賢資; 山本 博之

Journal of Physics; Condensed Matter, 7, p.463 - 468, 1995/00

 被引用回数:16 パーセンタイル:30.31(Physics, Condensed Matter)

Mo2p$$_{3/2}$$吸収端近傍のエネルギーの放射光励起により、Mo(L$$_{3}$$M$$_{4,5}$$M$$_{4,5}$$)領域の共鳴オージェ電子スペクトルを調べた。L$$_{3}$$M$$_{4,5}$$M$$_{4,5}$$オージェピークについてピークシフトが観測され、Mo、Li$$_{2}$$MoO$$_{4}$$についてそれぞれ~4eV、~12eVのh$$nu$$依存性を認めた。Li$$_{2}$$MoO$$_{4}$$ではMo2p$$_{3/2}$$$$rightarrow$$4d(5s)の共鳴励起において、L$$_{3}$$M$$_{4,5}$$M$$_{4,5}$$線はスペクテータオージェ線、ノーマルオージェ線の2本に分裂するとともに、前者がさらに2本に分裂してh$$nu$$とともに高エネルギーシフトを起こす現象を見出した。ピーク分裂、エネルギー分散の両現象ともバンド構造に起因すると結論した。

論文

Cascade Auger transitions of resonantly excited S 1s and Cl 1s holes

佐々木 貞吉; 馬場 祐治; 吉井 賢資; 山本 博之

Journal of Physics; Condensed Matter, 7, p.4385 - 4394, 1995/00

 被引用回数:4 パーセンタイル:66.81(Physics, Condensed Matter)

MoS$$_{2}$$のS 1s$$rightarrow$$3p$$^{ast}$$、SiCl$$_{4}$$のCl 1s$$rightarrow$$3p$$^{ast}$$の共鳴吸収において、LVV(2p$$^{-1}$$3p$$^{-1}$$3p$$^{-1}$$)オージェピークが強度変動するとともに、新しいサテライトピークが出現することを見出した。スペクトルのh$$nu$$依存性を調べた結果、K殻(1s)やL殻(2s、2p)などに2個の正孔が存在する状態を始状態とするオージェカスケードのシグナルであることがわかった。サテライトピークの強度計算を試みたところ、実測値は計算値の1/3であった。未知の内殻緩和機構の存在することが示唆された。

論文

Spectator and participator Auger transitions by resonant excitation of the Mo 2p$$_{3/2}$$ orbital in Li$$_{2}$$MoO$$_{4}$$,MoO$$_{3}$$ and MoS$$_{2}$$

佐々木 貞吉; 馬場 祐治; 吉井 賢資; 山本 博之; 中谷 健*

Physical Review B, 50(21), p.15519 - 15526, 1994/12

 被引用回数:15 パーセンタイル:29.84(Materials Science, Multidisciplinary)

Mo2p$$_{3/2}$$$$rightarrow$$4dの共鳴励起で生成する励起状態4d$$^{ast}$$のオージェ崩壊過程を放射光光電子分光法により検討した。共鳴励起光によるオージェ電子スペクトルでは、スペクテータオージェ、ノーマルオージェに起因するMo(L$$_{3}$$M$$_{4,5}$$M$$_{4,5}$$)線の分裂が認められた。これらのうち、スペクテータオージェ線は励起光のh$$nu$$とともに4.5-12eVのエネルギーシフトを起こした。この現象は非軌道がバンドライク構造であるとするモデルで理解された。パーティシペータオージェ崩壊のチャンネルについても検討し、Mo3d$$_{3/2}$$線及びMo3d$$_{5/2}$$線の強度が共鳴h$$nu$$領域で激しく増減するとともに、両者の強度比も大きく変動することを見出した。

報告書

K-X線放射断面積の評価と高温プラズマ中の金属不純物密度計測への応用

的場 徹; 熊谷 勝昭; 船橋 昭昌; 河上 知秀

JAERI-M 7196, 20 Pages, 1977/07

JAERI-M-7196.pdf:0.68MB

高温プラズマ中の金属不純物からの電子衝突によるK-X線放射断面積のエネルキー依存性を、原子番号が6から82の範囲で3種の方法により計算した。電子のエネルギーが500KeVまでは相対論的理論(A&M理論)による断面積の計算値が実験値と良い一致を示した。これらの結果からK-X線放出率の電子温度依存性を求めた。金属不純物毒が半導体検出器による軟X線スペクトルの絶対測定値からK-X線放出率を使用して導出できることを示した。

論文

ESR study on thermally stimulated exoelectron emission from irradiated K$$_{2}$$SO$$_{4}$$

佐々木 貞吉

Phys.Status Solidi A, 34(1), p.339 - 346, 1976/01

 被引用回数:11

被照射K$$_{2}$$SO$$_{4}$$のTSEEを-165~550$$^{circ}$$Cで調べ、5種類のグローピーク(-45$$^{circ}$$C,5$$^{circ}$$C,152$$^{circ}$$C,210$$^{circ}$$C,265$$^{circ}$$C)を観測した。それぞれのグローピークについてエキソ電子放出機構を検討したところ、-45$$^{circ}$$Cおよび265$$^{circ}$$Cピークはエレクトロンタイプのラジカル種が関与するTSEEであり、また5$$^{circ}$$C、152$$^{circ}$$Cおよび210$$^{circ}$$Cピークはエレクトロンタイプのラジカル種がホールタイプのラジカル種と再結合するさいに起るTSEEであることがわかった。TSEE強度の線量依存性をみると、5$$times$$10$$^{5}$$Radで最大になり5$$times$$10$$^{7}$$Rad以上では零になる。ラジカル種の収率は10$$^{8}$$Rad以上でも増加するので高線量領域におけるTSEE強度の減少は、放射線損傷により固体表面層の結晶構造が乱れたことに起因すると考えられる。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1