検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

緊急時医療処置に係る調査研究(II)

not registered

PNC TJ1533 97-003, 89 Pages, 1997/03

PNC-TJ1533-97-003.pdf:2.93MB

本調査研究の目的は、作業者に対する緊急時医療について、国内外の情報収集と技術的・制度的な観点からの検討を行い、それらの結果を踏まえて、事業者および関連医療機関の関係者向けの実務的な緊急時医療処置マニュアル作成のための検討を行うことである。本年度は、上記目的達成のための第二段階として、DTPA療法を中心とした具体的な医療処置法および放射線管理上の対応に関する国内外の情報を収集し、以下の調査研究を実施した。(1)文献調査内部被ばく時の診断治療法と症例、DTPAの有効性、BNFLセラフィールド事業所のプロトコールなど、海外関連文献の調査を行った。(2)実用再処理施設における内部被ばく医療処置の現状に係る海外調査実用再処理施設を有するフランス、イギリスにおける内部被ばく医療処置の現状を把握するため、DTPAの投与事例、安全性、投与法、投与基準、モニタリング手法および施設における除染処置室などを実地に調査した。(3)内部被ばく緊急時医療処置マニュアル作成のための検討上記の調査結果などを踏まえ、プルトニウムとアメリシウムによる内部汚染を対象とした具体的な医療処置法および関係者向け説明資料などを含め、緊急時医療処置マニュアル作成のための検討を行った。

論文

放射線防護に関する第4回国際シンポジウムの概要

天野 光

保健物理, 24, p.372 - 373, 1989/00

1989年6月に英国で開催された、英国放射線防護学会主催の「放射線防護に関する第4回国際シンポジウム」の概要報告である。第4回国際シンポジウムは17のセッションに分かれ、このうちセッション1-4は電離及び非電離放射線のリスク、5は医療用放射線及び施設からの放射線防護6-8はチェルノブイリやゴイアニア等での事故時の評価と緊急時対応、9-10は放射線の線量評価に関係する研究、11-14は放射線や放射性物質の環境影響評価、15-16は代謝や年令依存性等も含めた放射線生物、17は公衆との関わりと教育をそれぞれ対象としている。また英国放射線防護庁(NRPB)において英国における家屋内ラドン研究調査の現状を調査した。その概要も報告する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1