検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

P and S K-edge XANES of transition-metal phosphates and sulfates

奥出 進也*; 名越 正泰*; 野呂 寿人*; 馬場 祐治; 山本 博之; 佐々木 貞吉

Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena, 101-103, p.607 - 610, 1999/00

 被引用回数:58 パーセンタイル:91.95(Spectroscopy)

X線吸収端微細構造(XANES)スペクトルの測定により、3d遷移金属のリン酸塩及び硫酸塩の電子構造を明らかにした。主な結果は、(1)XANESスペクトルにおけるpre-edgeピーク強度は遷移金属の3d電子数の増加に伴い減少する。(2)P 3p及びS 3pから成る非占軌道への励起に起因する主ピークは3d電子数の増加に伴い低エネルギー側にシフトする。以上の結果からP 3p及びS 3p軌道が、遷移金属の3d軌道と強く混成していることが明らかになった。また、遷移金属とP,S原子間に酸素原子が存在するにもかかわらず、P及びS原子のXANES測定が非占軌道の電子構造解析に有効であることを明らかにした。

報告書

高磁界中でのNb-Ti超電導線の超電導特性

多田 栄介; 安藤 俊就; 岡 皓一*; 島本 進

JAERI-M 8785, 50 Pages, 1980/03

JAERI-M-8785.pdf:1.95MB

IEA-LCT計画の日本のLCTコイルに用いるNb-Ti超電導体を開発するに当たり、現状のNb-Ti超電導線材の超電導特性、特に8T以上の高磁界中における特性を調査するために、国内外の代表的なNb-Ti線材の短尺試験を行った。この結果、最もすぐれた特性を示すNb-Ti線材の臨界電流密度は、8Tで9.2$$times$$10$$^{4}$$A/cm$$^{2}$$である。ことがわかった。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1