検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

$$^{77}$$Se($$gamma$$,n)断面積測定と$$^{79}$$Se(n,$$gamma$$)断面積の不確かさ評価

北谷 文人

核データニュース(インターネット), (114), p.44 - 49, 2016/06

$$^{79}$$Seは長寿命核分裂生成物(LLFP)の一つで、地層処分負荷軽減のために、短寿命核種・安定核種への核変換の対象である。この中性子捕獲反応断面積について不確かさを考慮したものを算出するために実施した研究についてレビューする。現時点では$$^{79}$$Seは、測定用試料の入手が困難で、断面積の直接測定ができない。そのため、この断面積は統計モデル計算等を用いて見積られている。しかし、現状では、計算値には不確かさが付与されていない不十分なものである。$$gamma$$線強度関数($$gamma$$SF)法を利用して不確かさを明らかにした$$^{79}$$Seの(n,$$gamma$$)断面積データを導出するため、$$^{76,78,80}$$Seの光核反応断面積に加え$$^{77}$$Seの光核反応断面積の測定を($$gamma$$,n)反応のしきい値から($$gamma$$,2n)反応のしきい値の領域で行った。これから得られた光核反応断面積を基に統計モデル計算での共通の物理量である$$gamma$$SFを求めた。求めた$$gamma$$SFを用いて$$^{79}$$Seの中性子捕獲反応断面積を統計モデルによって計算した。この結果、不確かさ$$pm$$26%を付加した$$^{79}$$Seの(n,$$gamma$$)断面積データを得ることができた。得られた$$^{79}$$Seの(n,$$gamma$$)断面積は、JENDL-4.0の1/3から1/4と大きく異なる値を得た。

論文

Measurement of the $$^{77}$$Se($$gamma$$, n) cross section and uncertainty evaluation of the $$^{79}$$Se(n, $$gamma$$) cross section

北谷 文人; 原田 秀郎; 後神 進史*; 岩本 信之; 宇都宮 弘章*; 秋宗 秀俊*; 豊川 弘之*; 山田 家和勝*; 井頭 政之*

Journal of Nuclear Science and Technology, 53(4), p.475 - 485, 2016/04

 被引用回数:2 パーセンタイル:57.25(Nuclear Science & Technology)

We precisely measured the ($$gamma$$, n) cross section for $$^{77}$$Se by developing a spectroscopic method utilizing Laser Compton-Scattering $$gamma$$-rays. Moreover, the $$^{79}$$Se(n, $$gamma$$) $$^{80}$$Se cross section was deduced using the statistical model calculation code CCONE with $$gamma$$-ray strength functions adjusted to reproduce the ($$gamma$$, n) cross sections for $$^{77}$$Se and the even Se isotopes $$^{76}$$Se, $$^{78}$$Se and $$^{80}$$Se. The reliability of the $$^{79}$$Se(n, $$gamma$$) $$^{80}$$Se cross section calculated by CCONE with the adjusted $$gamma$$-ray strength function was evaluated by comparing available experimental (n, $$gamma$$) cross sections for stable $$^{76, 77}$$Se isotopes and those calculated by CCONE with the adjusted $$gamma$$-ray strength function. The result provides fundamental data for the study of nuclear transmutation for the long-lived fission product of $$^{79}$$Se.

論文

短寿命核種による放射化分析,3; セレン77mによるセレンの定量

中井 敏美; 矢島 聖使; 岡田 実*; 柴 是行; 茂木 照十三

日本化學雜誌, 81, P. 107, 1960/00

イオウ中およびイオウ化合物中の微量のセレンに対する迅速定量法としてJRR-1原子炉による中性子放射化分析法の研究をおこない良好な結果を得た。すなわち3$$times$$10$$^{1}$$$$^{1}$$n/cm$$^{2}$$/secの中性子束を試料に20秒間照射し、生じた17.5sec$$^{7}$$$$^{7}$$$$^{m}$$Seの0.162MeVの$$gamma$$線を256チャネル$$gamma$$線スペクトロメーターによって観測し、約10$$^{-}$$$$^{1}$$ppmまでのセレンを定量した。

口頭

Measurements of the $$(n,gamma)$$ cross-section of long-lived fission products as part of the ImPACT Project

Hales, B. P.; 中村 詔司; 木村 敦; 岩本 修

no journal, , 

Nuclear data on the $$(n,gamma)$$ cross-sections of long-lived fission products (LLFPs) is vital for the development of a nuclear transmutation system for the conversion of nuclear waste into stable or more quickly decaying isotopes. As part of the ImPACT Project, research into the $$(n,gamma)$$ cross-sections of the LLFPs $$^{135}$$Cs and $$^{79}$$Se is ongoing, using the neutron time-of-flight (nTOF) method at the ANNRI/MLF/J-PARC facility. nTOF experiments have been conducted to measure the $$(n,gamma)$$ cross-section of stable $$^{133}$$Cs, LLFP $$^{135}$$Cs, and stable $$^{77,78,80}$$Se. (No experiment for LLFP $$^{79}$$Se has yet been conducted.) Analysis of experimental data and the cross-section has been derived for stable $$^{133}$$Cs. Analysis of experimental data is ongoing for LLFP $$^{135}$$Cs, as well as for stable $$^{77,78,80}$$Se. Details of the above experiments and analysis, as well as details on future plans, will be presented.

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1