検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

X-ray magnetic circular dichroism at the ${it K}$ edge of Mn$$_{3}$$GaC

高橋 学*; 五十嵐 潤一

Physical Review B, 67(24), p.245104_1 - 245104_5, 2003/06

 被引用回数:23 パーセンタイル:27.27(Materials Science, Multidisciplinary)

Mn$$_{3}$$GaC強磁性相のK端におけるX線磁気円二色性の起源を、第一原理計算に基づき研究した。LDAに基づき、スピン軌道相互作用を取り入れて、Mn及びGaのK端におけるスペクトルを計算し、実験とよく一致する結果を得た。スペクトルの構造のそれぞれに対応する過程を解析し、p状態の軌道分極の機構をはっきりさせた。また、総和則を導いた。

論文

X-ray diffraction study of transition metals after fast neutron irradiation at low temperature

前田 裕司; 小野 文久*

Mater.Sci.Forum, 15-18, p.1099 - 1104, 1987/00

LHTLで5Kで中性子照射した遷移金属中の照射欠陥をX線による格子定数およびHuang散乱の測定により調べた。その結果、Fe中の格子間原子の体積膨張は他のbcc金属とくらべ0.6at.volと小さい。これは3d-electronがその軌道を変え安定な状態へ移ることで説明できた。 またHuang散乱の測定では、Agのカスケードの大きさは60Aとなり、NiのそれはAgよりも少ないことがわかった。他の実験の報告と比較して論じ、報告する。

論文

The annealing out of neutron produced defects as a result of low temperature irradiations

奥田 重雄

Proc.Conf.Defects and Defect Cluster in B.C.C. Metals and Their Alloys, p.81 - 107, 1973/00

極低温における中性子照射によってできた格子欠陥の回復過程について、原研のLHTLによる研究結果を中心として、その他の研究結果も含め現在までに明らかにされた事柄を報告する。特に体心立方金属中の格子間原子、空孔の挙動および格子間不純物の影響について、V属の体心立方金属(V,Nb,Ta)およびVI属の体心立方金属(Mo,W)での違い等について述べる

論文

Orbital Contribution to Generalized Susceptibility and Magnetic Scattering of Neutrons in Transition Metals

小幡 行雄; 佐々木 健; M.Mori*

Journal de Physique, 32, p.812 - 813, 1971/00

抄録なし

論文

Orbital Contribution to Generalized Susceptibility and Magnetic Scattering of Neutrons in Transition Metals

小幡 行雄; 佐々木 健; 森 信郎*

Journal de Physique, 32(1), p.1 - 812, 1970/01

抄録なし

論文

Nuclear magnetic relaxation in transition metals

小幡 行雄

Journal of the Physical Society of Japan, 18(7), p.1020 - 1024, 1963/00

 被引用回数:209

抄録なし

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1