検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

口頭

UPd$$_5$$Al$$_2$$の局在5$$f^2$$電子状態

目時 直人; 芳賀 芳範; 山本 悦嗣; 松田 雅昌*

no journal, , 

UPd$$_5$$Al$$_2$$の中性子散乱実験の結果、明瞭な結晶場励起が観察され、5$$f$$電子が局在的で非クラマースイオンU$$^{4+}$$(5$$f^2$$)の一重項基底状態あることがわかった。PrPd$$_5$$Al$$_2$$と類似の状態を仮定して励起スペクトルや帯磁率が定量的に説明できた。励起エネルギーがPrPd$$_5$$Al$$_2$$より10倍程度大きな理由は、5$$f$$電子の遍歴性が大きく、結晶場も大きいためであろう。NpPd$$_5$$Al$$_2$$のNpはほぼ3価のため、U$$^{4+}$$からNp$$^{3+}$$へ価数(5$$f$$電子数)が急激に変化していることがわかる。NpPd$$_5$$Al$$_2$$の重い電子状態には、この価数異常が関与していると考えられる。

口頭

RPd$$_5$$Al$$_2$$ (R: Pr, Nd)の$$f$$電子状態

目時 直人; 山内 宏樹; 北澤 英明*; 鈴木 博之*; 萩原 雅人*; 益田 隆嗣*; 松田 雅昌*; Aczel, A. A.*; Songxue, C.*; Hong, T.*; et al.

no journal, , 

重い電子系超伝導体NpPd$$_5$$Al$$_2$$の5$$f$$電子状態と重い電子の起源を解明するため、結晶構造が同じ希土類化合物の電子状態を中性子散乱実験により明らかにした。PrPd$$_5$$Al$$_2$$とNdPd$$_5$$Al$$_2$$の結晶場励起を観察し、正方対称の結晶場ハミルトニアンを解析的に対角化した結果と比較して$$f$$電子状態を決めた。結晶場パラメーター$$A_{lm}$$が物質に依らずほぼ同じであることは、有効点電荷ポテンシャルもほぼ同じことを意味する。これらの結果からNpPd$$_5$$Al$$_2$$やUPd$$_5$$Al$$_2$$の5$$f$$電子状態を明らかにすることができた。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1