検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Thermal behavior, structure, dynamic properties of aqueous glycine solutions confined in mesoporous silica MCM-41 investigated by X-ray diffraction and quasi-elastic neutron scattering

吉田 亨次*; 井上 拓也*; 鳥越 基克*; 山田 武*; 柴田 薫; 山口 敏男*

Journal of Chemical Physics, 149(12), p.124502_1 - 124502_10, 2018/09

 パーセンタイル:100(Chemistry, Physical)

異なる幾つかの、グリシン濃度, pH、および充填率(=グリシン溶液の質量/MCM-41の乾燥質量))をパラメーターとして、メソポーラスシリカ(MCM-41)に閉じ込められたグリシン水溶液の示差走査熱量測定、X線回折および準弾性中性子散乱(QENS)を305-180Kの温度範囲で実施して、グリシン水溶液の熱的挙動, 構造、および動的特性に対する閉じ込め効果を検討した。

論文

Role of van der Waals corrections in first principles simulations of alkali metal ions in aqueous solutions

池田 隆司; Boero, M.*

Journal of Chemical Physics, 143(19), p.194510_1 - 194510_7, 2015/11

 被引用回数:15 パーセンタイル:22.71(Chemistry, Physical)

最局在ワニエ関数を基にした第一原理ベースのファンデルワールス補正を実装しアルカリ金属イオン水溶液における性能と信頼性を調べた。よく使われているrevPBE GGA汎関数と組み合わせると水分子の構造と動的性質のどちらにも無視できない影響があり、特にアルカリイオンの水和殻に対して顕著な影響があることがわかった。これらの影響はより強い構造形成イオンおよび構造破壊イオンにおいてより明瞭であった。さらに、水分子の拡散係数と再配向相間時間が系統的な変化を示し、長距離分散補正を無視した場合よりも実験結果をよく再現することがわかった。

論文

The Radiolysis anthraquinone dye in aqueous solutions

鈴木 伸武; 長井 武司*; 堀田 寛; 鷲野 正光

Bulletin of the Chemical Society of Japan, 49(3), p.600 - 605, 1976/03

 被引用回数:22

抄録なし

論文

The H/D isotope effect in the conversion of the electron into a hydrogen atom in aqueous acid solutions at 300 and 77°K

大野 新一

Bulletin of the Chemical Society of Japan, 4(6), p.1301 - 1307, 1968/00

抄録なし

論文

Oxidation of ferrous ions in aqueous solutions by cobalt-60 gamma rays, 3; The Effect cupric ion in air-free acidic solutions

堀田 寛; 大野 新一; 鈴木 伸武

Bulletin of the Chemical Society of Japan, 35(5), p.762 - 765, 1962/00

 被引用回数:2

抄録なし

論文

Oxidation of ferrous ions in aqueous solutions by cobalt-60 gamma rays, 2; Effect of anions at high dose

堀田 寛; 大野 新一

Bulletin of the Chemical Society of Japan, 34(11), p.1640 - 1644, 1961/00

 被引用回数:6

抄録なし

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1