検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

原子力機構人形峠で観測された降雨雪による空間線量率変動の解析

田中 裕史; 迫田 晃弘; 安藤 正樹; 石森 有

保健物理, 51(2), p.107 - 114, 2016/06

日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターでは、空間線量率の監視や気象観測を常時行っている。本研究では、2014年4月$$sim$$2015年3月における降雨雪による空間線量率の変動を評価した。原子力機構人形峠では、冬季の積雪が多いという地域的特徴がある。概ね月1回の頻度で一定時間、降雨雪を採取し、ラドン子孫核種濃度を測定した(全17事例)。測定結果を用いて空間線量率の変動を計算した結果、観測値と比較的良い一致がみられた(4例を除く)。この4例のうち2例は、後方流跡線解析より降水採取前後での子孫核種濃度の変化が示唆され、これが不一致の原因と考えられた。他の2例は、雨水の地表からの流出によると考えられた。

論文

A New trajectory analysis method for migratory planthoppers, $$Sogatella furcifera$$ (Horv$'a$th) (Homoptera: Delphacidae) and $$Nilaparvata lugens$$ (St${aa}$l), using an advanced weather forecast model

大塚 彰*; Dudhia, J.*; 渡邊 朋也*; 古野 朗子

Agricultural and Forest Entomology, 7(1), p.1 - 9, 2005/02

 被引用回数:35 パーセンタイル:80.99(Entomology)

稲ウンカ移行挙動に関する新しい後退軌道解析法を開発した。この方法は高精度気象予測モデルMM5及び後退軌道解析モデルから成る。この方法では稲ウンカの降下プロセスまでは考慮していないが、稲ウンカの移動及びそれに付随するさまざまなパラメータを正確にシミュレーションすることに成功した。本研究ではまた、高精度の気象シミュレーションの重要性も示した。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1