検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Improvements to a probabilistic fracture mechanics code for evaluating the integrity of a RPV under transient loading

変動荷重下における圧力容器の健全性解析のための確率論的破壊力学コードにおける信頼性及び効率の改善

Li, Y.*; 加藤 大輔*; 柴田 勝之; 鬼沢 邦雄

Li, Y.*; Kato, Daisuke*; Shibata, Katsuyuki; Onizawa, Kunio

原研では、破壊評価モデルや数値解析法に新規モデルに導入したPFMコードPASCAL(PFM Analysis of Structural Components in Aging LWR)の開発を進め、これまでに、ほぼコード開発を終えている。本コードには、半楕円亀裂進展評価,破壊基準,焼鈍効果等に新規モデル導入しているが、その他、モンテカルロ解析法やクラッド部の応力拡大係数解析法にも新規の解析技法を開発し導入している。本論文は、解析の信頼性向上と効率化のため、数値解析法における新規モデルや改良点等をまとめたものである。本論文では、以下の項目について紹介している。(1)無限長亀裂の新規応力拡大係数式の作成と導入。(2)クラッド部熱応力による不連続部の応力拡大解析モデルの作成と導入。(3)層別モンテカルロ法における最適層分割及びサンプリング法の開発と導入。(4)その他: 乱数発生法,偏差再計算法等。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:55.29

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.