検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Technical feasibility study in a fusion power monitor based on activation of water flow

水の放射化を用いた核融合出力モニターの技術的検証研究

金子 純一 ; 宇野 喜智 ; 西谷 健夫; 前川 藤夫 ; 田中 照也; 柴田 京成; 池田 裕二郎; 竹内 浩

Kaneko, Junichi; Uno, Yoshitomo; Nishitani, Takeo; Maekawa, Fujio; Tanaka, Teruya; Shibata, Yoshinari; Ikeda, Yujiro; Takeuchi, Hiroshi

ITER用核計装開発の一環として、水の放射化を用いた核融合出力モニターの開発を行った。本核融合出力モニターは、14MeV中性子によって照射された水の中で$$^{16}$$O(n,p)$$^{16}$$N反応の結果発生する$$^{16}$$Nからの6.1及び7.1MeV$$gamma$$線を測定することで、DT中性子発生量、すなわち核融合出力をモニターするものであり、第一壁から生体遮蔽の外側まで張り巡らされたループ状の水配管と$$gamma$$線検出器から構成される。本システムは金属箔放射化法と同等の絶対測定であると同時に、ある程度の時間分解能をもった連続測定が可能である。さらに検出感度安定性、DT中性子に対してのみ有感等の優れた特長を持つ。本研究では本システムの技術的成立性検証を目的とし、流速に村する$$gamma$$線収量依存性並びに時間応答に関する実験を行った。その結果、プラズマ診断用途で要求される100msの時間分解能を十分に満たす50msの時間分解能を達成した。また中性子モニターの時間応答が乱流拡散モデルによって記述できることを明らかにした。さらに実験結果をもとにITER-FEATに本システムを設置した場合の検出感度を概算した結果、十分な感度をもったシステムを構築可能であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:47.96

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.