検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Application of multiparameter coincidence spectrometry using a Ge detectors array to neutron activation analysis

ゲルマニウム検出器を用いた多重$$gamma$$線分光法の中性子放射化分析への応用

初川 雄一; 大島 真澄; 早川 岳人; 藤 暢輔  ; 篠原 伸夫 

Hatsukawa, Yuichi; Oshima, Masumi; Hayakawa, Takehito; Toh, Yosuke; Shinohara, Nobuo

核構造研究において顕著な成果を収めているゲルマニウム検出器系(クリスタルボール)を分析化学、特に中性子放射化分析法に応用して岩石試料中の微量元素の検出を試みた。一般に地質学的試料の中性子放射化分析では主要成分のナトリウムやマンガンからの放射線が強く微量成分の検出には化学分離などが必要であるが、クリスタルボールによって得られた2次元スペクトルにより非破壊で微量成分の検出に成功した。原研原子炉JRR-4気送管で標準岩石試料約100mgを10分間照射した後にゲルマニウム検出器系GEMINIを用いて$$gamma$$線測定を行った。得られた2次元マトリクスから$$gamma$$-$$gamma$$のコインシデンスを取り出し解析を行った結果、標準岩石試料JB-1a及びJP-1中に合計27元素を検出することができた。検出された元素の中ではJP-1中のEuがもっとも微量な成分でありその含有量は4ppbであった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.34

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.