検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recent progress of Alfv$'e$n eigenmode experiments using N-NB in JT-60U tokamak

JT-60Uトカマクにおける負イオン源中性粒子入射装置を用いたアルヴェン固有モード実験の最近の進展

篠原 孝司; 武智 学; 石川 正男*; 草間 義紀; 森岡 篤彦; 大山 直幸; 飛田 健次; 小関 隆久; JT-60チーム; Gorelenkov, N. N.*; Cheng, C. Z.*; Kramer, G. J.*; Nazikian, R. M.*

Shinohara, Koji; Takechi, Manabu; Ishikawa, Masao*; Kusama, Yoshinori; Morioka, Atsuhiko; Oyama, Naoyuki; Tobita, Kenji; Ozeki, Takahisa; JT-60 Team; Gorelenkov, N. N.*; Cheng, C. Z.*; Kramer, G. J.*; Nazikian, R. M.*

核燃焼プラズマでは、$$alpha$$粒子圧力が高くなると、アルヴェン固有モード(AE)周波数領域の不安定性により$$alpha$$粒子の閉じ込めが劣化することが危惧されている。JT-60Uでは、負イオン源中性粒子ビーム(N-NB)入射により高速イオンを生成して、バースト的に発生する周波数掃引不安定性の研究を行っている。最近の解析により、バースト的な周波数掃引現象が、不安定性と高速イオン分布関数の変化と背景プラズマの散逸との非線形な相互作用に起因していると考えられるという結果を得た。また、新たに設置した中性子分布計測により不安定性により高速イオンが再分布していることを示唆しているデータを得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:76.63

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.