検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核融合装置用超伝導コイルの電磁現象; 強制冷却型超伝導コイル

Electromagnetic phenomenon in superconducting magnet for fusion facility; Forced flow superconducting magnet

濱田 一弥; 小泉 徳潔

Hamada, Kazuya; Koizumi, Norikiyo

現在、ITER等のトカマク型核融合炉の設計には、高磁場性能,高耐電圧性能,電磁力に対する高剛性の要求から、強制冷却型超伝導コイルが採用されている。強制冷却型超伝導コイルにおいては、超伝導の電気抵抗ゼロの特性や反磁性という性質に、ケーブル・イン・コンジット導体(CICC)特有の複雑な構造が加わることにより、多様な電磁現象が発生することが知られている。最近特に解明に労力が注がれているのは,導体内部に発生する不均一電流による通電安定性に対する影響や変動磁場で発生する導体の交流損失現象である.CICCの開発においては、超伝導素線のヒステリシス損失及び交流損失及び導体内部での不均一電流による不安定性について研究が進展し、素線のフィラメント配置の最適化や、素線間の接触抵抗の制御を行うことによって、ITERモデル・コイルのような大型超伝導コイルの開発に成功することができたので、その概要を報告する。

In the Tokamak type fusion reactor design, a forced flow superconducting coil is applied from the viewpoint to high magnetic field, high withstand voltage performance and large electromagnetic force. In the forced flow magnets, it is well known that various electromagnetic phenomena are occurred by zero resistance and diamagnetic effect of superconductor and complicated structure of cable in conduit conductor (CICC). In the R&D of CICC, the study of hysteresis losses and coupling losses CICC have a lot of progress. For example, using the optimization of filament arrangement in superconducting strand and control of contact resistance of strand, ITER model coil project have a large achievement.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.