検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高レベル廃液からのアクチニド分離プロセスの研究(共同研究)

Studies on actinide separation process from high-level liquid waste (Joint research)

森田 泰治; 館盛 勝一; 駒 義和*; 青嶋 厚*

Morita, Yasuji; Tachimori, Shoichi; Koma, Yoshikazu*; Aoshima, Atsushi*

本レポートは、核燃料サイクル開発機構(サイクル機構)と日本原子力研究所(原研)との間で、「高レベル廃液からのアクチニド分離プロセスの研究」のテーマのもと、平成10年9月より平成14年3月末までの3年半の間実施した共同研究の成果をまとめたものである。共同研究の目的は、サイクル機構で開発中のTRUEX/SETFICSプロセス及び原研で開発中のDIDPA抽出プロセスのそれぞれのアクチニド分離プロセスについて総合的な評価を行って、共通的な課題を摘出し、効率的なプロセス開発に資することにある。評価検討の結果、アクチニド分離の主工程は異なっていても、廃溶媒の処理やDTPA廃液の処理等の分離後の処理,溶媒リサイクル等の副次的な工程では多くの共通的な課題が存在することが明らかになった。工学実証規模に移すためには、これらの課題を解決するとともに、副次的な工程を含むプロセス全体について一貫した試験を実施することが必要であると結論した。さらに、プロセス全体について高い視点から評価すると、経済性向上と二次廃棄物発生量低減の2項目が重要であり、これらを念頭に置いたうえで、より合理的で効率的なアクチニド分離プロセス開発のため、今後も継続して研究開発を推進することが必要である。

The present report describes the results of a joint study between Japan Nuclear Cycle Development Institute (JNC) and Japan Atomic Energy Research Institute (JAERI) on actinide separation process from high-level liquid waste. The purpose of the joint study is to point out common subjects in process development by an overall evaluation of each actinide separation process: TRUEX/SETFICS Process studied in JNC and DIDPA Extraction Process studied in JAERI. The result of the evaluation showed that both processes have common subjects to be studied in sub-processes such as treatment step for spent solvent or DTPA waste solution and solvent washing step for recycling, although the main process is different from each other. It is necessary to develop the sub-processes and to test the whole process including the sub-processes. Two essential requirements: the cost reduction and the minimization of secondary wastes, are very important in future research and development for more rational and effective actinide separation process.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.