検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structure and magnetism of Eu$$_{1-x}$$Dy$$_{x}$$TiO$$_{3}$$

Eu$$_{1-x}$$Dy$$_{x}$$TiO$$_{3}$$の構造と磁性

吉井 賢資 ; 水牧 仁一朗*; 中村 彰夫; 阿部 英樹*

Yoshii, Kenji; Mizumaki, Masaichiro*; Nakamura, Akio; Abe, Hideki*

Eu$$_{1-x}$$Dy$$_{x}$$TiO$$_{3}$$の構造と磁性について調べた。x=0及びx=1の酸化物は共に絶縁体であり、おのおの6Kでの反強磁性及び64Kでの強磁性を示す。結晶構造はx$$<$$0.4では正方晶、それより大きいxでは斜方晶であった。混晶領域では金属強磁性の発現が見られ、これはx=0及び1の系とまったく異なる性質である。これは、Ti伝導電子を介する希土類モーメント間の相互作用による強磁性であると推測した。また、Euイオンの原子価は酸化物では珍しい2+であることが磁化測定からわかった。発表では一部の試料における放射光吸収分光データについても触れる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.06

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.