検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Electronic structures of actinyl nitrate-triethyl phosphate complexes using the DV-DS method

DV-DS分子軌道法による硝酸アクチニル-トリエチルりん酸錯体の電子状態

平田 勝 ; 関根 理香*; 尾上 順*; 中松 博英*; 向山 毅*; 武内 一夫*; 館盛 勝一

Hirata, Masaru; Sekine, Rika*; Onoe, Jun*; Nakamatsu, Hirohide*; Mukoyama, Takeshi*; not registered; Tachimori, Shoichi

相対論DV-DS分子軌道法を用いて、硝酸アクチニル-トリエチルりん酸錯体(AnO$$_{2}$$(NO$$_{3}$$)$$_{2}$$-2TEP,An=UNp,Pu)の電子状態を調べた。有機りん酸系抽出剤を用いた6価硝酸アクチニルの抽出分配比はU$$>$$Np$$>$$Pu順に減少する傾向を示す。この傾向を電子論的に理解するために、アクチノイド原子と抽出剤の酸素原子(ドナー原子)間の化学結合状態を解析した結果、結合電子数の減少と抽出分配比の減少に相関関係が認められた。錯体の安定性に与える5f電子の局在化傾向や、電子密度分布、結合電子数分布等から抽出系を理論的に取り扱うための基礎的な知見を得ることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:53.92

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.