検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Preparation of a beam quality indicator for effective energy determinations of continuum beams; Establishment of traceability

連続中性子ビームの実効エネルギー決定のための線質計の準備; トレーサビリティの確立

松林 政仁; 小林 久夫*; J.T.Lindsay*

Matsubayashi, Masahito; not registered; J.T.Lindsay*

中性子ラジオグラフィ装置で使用される中性子ビームの実効エネルギーを決定するために新しく線質計を設計・製作した。新たに製作された5個の線質計の性能をオリジナルと比較した。性能試験ではフィルタを用いる場合と用いない場合の熱中性子(立教大学炉、JRR-3M及びミシガン大学炉)及び導管によって導かれる冷中性子(JRR-3M)が使用された。フィルタとしては鉛及びビスマスが使用された。さらにガドリニウムとX線フィルム、中性子用イメージングプレート、蛍光コンバータと冷却型CCDカメラ及び蛍光コンバータとSIT管カメラの異なる4種類の撮像システムを用いた試験も実施した。その結果、同一中性子ビームに対する5個の線質計の個体差が明らかになったとともに、使用する撮像システムに依存した実効エネルギーの相違が確認された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:70.54

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.