検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Role of divertor geometry on detachment and core plasma performance on JT60U

JT-60Uにおけるデタッチメントと閉じこめ特性に関するダイバータ形状の役割

朝倉 伸幸; 細金 延幸; 伊丹 潔; 逆井 章; 櫻井 真治; 嶋田 道也; 久保 博孝; 東島 智; 清水 勝宏; 竹永 秀信; 玉井 広史 ; 木島 滋; 杉江 達夫; 正木 圭; 小出 芳彦; 内藤 磨; 白井 浩; 滝塚 知典; 石島 達夫*; 鈴木 慎吾*

Asakura, Nobuyuki; Hosogane, Nobuyuki; Itami, Kiyoshi; Sakasai, Akira; Sakurai, Shinji; Shimada, Michiya; Kubo, Hirotaka; Higashijima, Satoru; Shimizu, Katsuhiro; Takenaga, Hidenobu; Tamai, Hiroshi; Konoshima, Shigeru; Sugie, Tatsuo; Masaki, Kei; Koide, Yoshihiko; Naito, Osamu; Shirai, Hiroshi; Takizuka, Tomonori; Ishijima, Tatsuo*; not registered

JT-60Uにおけるオープン型ダイバータからW型ダイバータへの形状変化によるデタッチメントの発生とエネルギー閉じ込め特性への効果について調べた。(1)ダイバータ・デタッチメント時のプラズマ測定を精度よく行い、同じ主プラズマ密度でも、ダイバータで密度が増加し、温度から5eV程度まで低下することを観測した。(2)周辺部でのプラズマ流の方向について大型トカマクでは初めて測定した。放射損失分布の内外非対称性か、プラズマ流の方向に関係することを明らかにした。(3)ダイバータ部での粒子リサイクリングはW型が大きく、主プラズマ周辺部の粒子リサイクリングは、1/2程度に低下していることを観測した。ダイバータ部からの粒子の逆流を低減できた。(4)密度増加に伴いELMy Hモードの閉じこめ改善度は依然と同様低下する。W型改造により周辺部での中性粒子密度を1/2~1/3に低下できたが、閉じこめ改善効果は少ない。今後、ダイバータ部からの逆流やバッフル部からの粒子源を減少させることが必要である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:96.63

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.