検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental test of structural materials activation in the IFMIF neutron spectrum

IFMIF型中性子スペクトル場における構造材料の放射化に関する実験によるテスト

Von-Moellendorff, U.*; 前川 藤夫  ; Giese, H.*; Wilson, P. P. H.*

Von-Moellendorff, U.*; Maekawa, Fujio; Giese, H.*; Wilson, P. P. H.*

国際核融合材料照射施設(IFMIF)ではリチウムターゲットに40MeV重陽子を入射することによりD-T中性子源とは異なる中性子場が形成され、その中で15MeV以上の高エネルギー中性子は全体の15%に及ぶと予想されている。これにより、D-T中性子場では起こり得なかった多数の反応チャンネルが新たに開く。一方、現在ロシアでは150MeVまでの高エネルギー放射化断面積ファイル(IEAF)の評価が行われている。IEAFの断面積の精度を調べるために、ドイツ・カールスルーエ研究所のd-Li中性子源を用いて放射化実験を行った。核融合炉の構造材であるステンレス鋼316、F82H、純バナジウム及びバナジウム合金をd-Li中性子場において照射し、誘導放射能を測定した。解析をALARA放射化計算コードとIEAFを用いて行い、実験及び解析結果の比較からIEAFに含まれている放射化断面積の精度を実験的にテストした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.53

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.