検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status and enchancement of facility capability in NUCEF for the safety research and development of base technology on nuclear fuel cycle

核燃料サイクルにおける安全研究及び基盤技術開発のためのNUCEF施設の現状とその拡張

津幡 靖宏 ; 前多 厚; 大野 秋男; 杉川 進; 高柳 政二; 竹下 功

Tsubata, Yasuhiro; Maeda, Atsushi; Oono, Akio; Sugikawa, Susumu; Takayanagi, Masaji; Takeshita, Isao

燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)では核燃料サイクルバックエンドに関連した安全研究と基盤技術開発を行っており、1994年のホット運転開始以来、さまざまな研究テーマが着実に進行している。臨界実験施設においては溶液燃料の基礎的な臨界データ取得を目的としたウラン実験が進む一方で、将来のプルトニウム実験に向けた施設拡張及び技術開発が進められている。またバックエンド研究施設では新たな再処理・廃棄物管理技術開発のための実験が行われている。本発表ではNUCEFにおける研究開発の現状と将来に向けた計画について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.