検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of a new simulation code for evaluation of criticality transients involving fissile solution boiling

核分裂性溶液の沸騰を含む臨界過渡事象評価のためのシミュレーションコードの開発

B.Basoglu*; 山本 俊弘; 奥野 浩; 野村 靖

B.Basoglu*; Yamamoto, Toshihiro; not registered; Nomura, Yasushi

核分裂性溶液の臨界時の暴走特性を予測するための新しい計算コードTRACEの開発について報告する。TRACEは簡易な熱水力と一点炉近似とを組み合わせたモデルを採用している。温度、放射線分解ガス効果、沸騰現象は、それぞれ時間依存の熱伝導方程式、Lumped-parameterエネルギーモデル及び簡易沸騰モデルを用いて算定される。これらのモデルの評価を、計算結果とCRAC実験の結果を比較することで行った。両者の一致は充分満足のいくものであった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.