検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of americium, plutonium and technetium solubility in groundwater

地下水中におけるAm,Pu,Tcの溶解度の解析

武田 聖司

Takeda, Seiji

放射性廃棄物の地層処分に対する安全評価において、放射性元素の溶解度はその廃棄体からの溶解を制限するためのパラメータとして用いられている。本研究では、処分場で予想される地下水組成の変化に対するAm,Pu,Tcの溶解度を、地球化学モデルEQ3/6を用いて算定した。現在原研で元素の熱力学データのデータベース化が行われており、そのデータベースを解析に使用した。Eh-pH条件と放射性元素との錯形成に関与する配位子の濃度変化を把握するため、緩衝材(ベントナイト及びセメント)中の間隙水及び地下水の組成データを調査した。地下水組成の変化に対する溶解度解析から、組成条件の変化がAm,Pu,Tcの溶解度及び化学種の生成に及ぼす影響を予測した。また、地下水組成の調査より推定された現実的な組成の変動範囲を考慮し、Am,Pu,Tcの溶解度と化学形を推定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.