検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

10%濃縮硝酸ウラニル水溶液の平板形状基本炉心の臨界特性

Critical configurations of basical slab cores with 10% enriched uranyl nitrate solution

菊池 司; 三好 慶典; 鳥井 義勝*; 山根 祐一; 外池 幸太郎

not registered; Miyoshi, Yoshinori; not registered; Yamane, Yuichi; Tonoike, Kotaro

燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)の定常臨界実験装置STACYで、厚さ28cmの平板形状炉心タンクを用いた臨界実験を行った。このうち、水反射条件及び反射なし条件の基本炉心の臨界特性について報告する。実験ではディジタル反応度計を用い、臨界近傍での給排液操作による反応度測定を行った。この測定データに基づき、臨界液位と液位微分反応度を導出した。さらに、実効遅発中性子割合の評価の基礎となる反応度バックリング係数も与えた。一連の実験で得られた平板形状基本炉心の臨界データはウラン濃度約300~460g/lの範囲で、水反射条件7点、反射なし条件5点である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.