検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Enhancement of ruthenium determination in inductively coupled plasma/atomic emission spectrometry by addition of periodic acid

過ヨウ素酸添加によるルテニウムのICP/AES定量における感度の増大

安達 武雄; 武石 秀世; 佐々木 祐二 ; 木島 健次*

Adachi, Takeo; Takeishi, Hideyo; Sasaki, Yuji; not registered

過ヨウ素酸の添加により硝酸溶液中のルテニウムを揮発性のRuO$$_{4}$$に酸化することができる。これを利用するとルテニウムのICP定量は、酸化剤が存在しない場合より約70倍感度が増加した。しかも同じ原理に基づく原子吸光法に比べて約5倍感度が高かった。酸化剤及び硝酸濃度あるいは妨害元素などの検討を行い、溶液中0.01~0.5$$mu$$g/mlのルテニウムを定量できる方法を確立した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:66.78

分野:Chemistry, Analytical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.