検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structure factor and pseudopotential of liquid metallic lithium determined from the nucleus-electron model

原子核-電子模型から定めた液体金属リチウムの構造因子と擬ポテンシャル

千原 順三

Chihara, Junzo

以前に、液体金属を原子核と電子からなる2成分系として扱い、原子番号を与えられただけで液体金属の動径分布関数・イオンの原子構造を定めることのできる積分方程式を導いた。ここでは、この方程式を470Kと595Kの液体金属リチウムに適用した。この温度の下に測定された構造因子と計算結果を比較したところ、極めて良い一致が得られた。同時に得られた電子-イオン間の動径分布関数からは擬原子の持つ電荷分布・擬ポテンシャル・イオン間相互作用が定められる。これらの量が実験と一致するように、Liの原子番号だけを入力データとして計算できることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:19.05

分野:Optics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.