検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

dc voltage holding experiments of vacuum gap for high-energy ion sources

高エネルギーイオン源設計の観点からの真空ギャップの直流耐震電圧実験

渡邊 和弘; 水野 誠; 小原 祥裕; 田中 政信*; 小林 一夫*; 高橋 英希*; 上出 泰生*

Watanabe, Kazuhiro; Mizuno, Makoto; Ohara, Yoshihiro; Tanaka, Masanobu*; not registered; not registered; not registered

高エネルギー大出力イオン源を設計するにあたって必要なデータベースを蓄積するために、直流の耐電圧特性について調べた。実験の結果、ギャップ長50mmまでの実験範囲において放電破壊の特性はほぼクランプ理論に従うことが確認できた。また、電極間に磁場を印加すると、真空度が10$$^{-3}$$Torr以上のガス放電領域で放電破壊電圧が低下することが判明した。さらに、セシウムを蒸着した電極では破壊電圧が低下するが、通常の負イオン源でのセシウム蒸着量より1桁以上高い蒸着量でも、電圧の低下は30%程度であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:81.19

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.