検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Improvement of confinement and remote radiative cooling of beam heated plasmas in JT-60 with ion ▽B drift towards the X-point

JT-60のビーム加熱プラズマにおけるイオン磁場勾配ドリフトがX点向きでの閉じ込め改善と遠隔放射冷却

辻 俊二; 細金 延幸; 伊丹 潔; 久保 博孝; 西谷 健夫; 嶋田 道也; 小出 芳彦; 西野 信博*; 杉江 達夫; 永島 圭介; 河野 康則; 内藤 磨; 中村 博雄; 吉田 英俊; 宮 直之; 永見 正幸

Tsuji, Shunji; Hosogane, Nobuyuki; Itami, Kiyoshi; Kubo, Hirotaka; Nishitani, Takeo; Shimada, Michiya; Koide, Yoshihiko; not registered; Sugie, Tatsuo; Nagashima, Keisuke; Kawano, Yasunori; Naito, Osamu; Nakamura, Hiroo; Yoshida, Hidetoshi; Miya, Naoyuki; not registered

JT-60のビーム加熱水素プラズマにおいて、加熱パワーと線平均電子密度が閾値を越えると、エネルギーと粒子閉じ込めの改善が観測された。ダイバータプラズマからの放射パワーは加熱パワーの50%に達した。この状態を改善ダイバータ閉じ込め(IDC)と名づけた。20%のエネルギー閉じ込めの改善とダイバータ部での遠隔放射冷却が実現した放電が、プラズマ中心部への不純物蓄積を起こすことなく準定常状態として数秒間持続した。IDCへの線平均電子密度の閾値は、加熱パワーに対して線形に増加し、安全係数に対して逆相関で減少した。閉じ込め改善はイオン磁場勾配ドリフトがX点向きの時のみ観測された。トロイダル磁場の反転で、軽元素不純物のふるまいと粒子循環の内外非対線性が変化した。これらの現象は、セパラトリクス付近での衝突的輸送がIDCの発生に関わっているとする理論モデルに矛盾しない。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.61

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.