検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Alloying behaviour among U, Np, Pu and Am predicted with the Brewer valence-bond model

Brewer原子価結合モデルによるU,Np,Pu,Am相互の合金化挙動予測

小川 徹

Ogawa, Toru

Brewer原子価結合モデルは金属原子の相互作用の大きさを評価することができる。同モデルをアクチニド元素間の合金化挙動予測に用いた。その結果、液体、bcc,fcc相を含む二元合金状態図を正しく予測できることを見出した。また、U-Am,Np-Am系に関する最近の実験結果も良く説明できた。唯一の例外はU-Pu系であって、実験的に求められた固相線・液相線を説明するには、かなり大きな負の相互作用項を仮定せざるを得ない。U-Pu-Am及びNp-Pu-Am三元系についての予測もあわせて行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.55

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.