検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Methodology of nuclear reactor monitoring and diagnostics using information dimension; Application to power oscillation

カオス理論を用いた原子炉監視診断法; 出力振動への応用

鈴土 知明   ; 林 光二; 篠原 慶邦

Suzudo, Tomoaki; Hayashi, Koji; Shinohara, Yoshikuni

カオス理論に基づいた炉雑音解析法を原子炉出力振動の監視および診断に応用した。我々は時系列データから測定できる特微量の一つ、情報次元に注目した。非線形系がパラメーター変動によってその漸近解が変化するとき、情報次元も変化する。一般に、情報次元の決定には相関積分の傾きが使われる。この相関積分の傾きを使うことにより出力振動がおきている実データがリミットサイクル的であると診断できた。また、この方法はパワースペクトルや減衰比のような従来の方法よりも出力振動に関して詳細な情報を与えることが判明し、その監視に応用できることが実証された。特に実時間システムへの応用を考えた場合、相関積分の傾きの計算に要する時間は問題がないことが確認された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:56.75

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.