検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Resonance interaction effect between hot sample and cold core in analysis of Doppler effect measurement

ドップラー効果測定の解析におけるサンプルー炉心共鳴干渉効果

岡嶋 成晃 ; 大井川 宏之 ; 向山 武彦

Okajima, Shigeaki; Oigawa, Hiroyuki; Mukaiyama, Takehiko

サンプル加熱法による$$^{238}$$Uドップラー実験において、サンプルとサンプル周辺の炉心物質間の共鳴干渉効果を評価した。この干渉効果を検討するために、衝突確率法による超微細群セル計算コード(PEACO-X)を作成し、それを用いてFCAでの$$^{238}$$Uドップラー効果測定を解析した。解析結果を従来の計算法(SLAROM)による解析結果と比較した。共鳴干渉効果は、炉心中の$$^{238}$$Uの背景断面積に依存し、ドップラーサンプルの半径や密度にも依存する。共鳴干渉効果を考慮すると、ドップラー反応度の計算値は従来の計算値より大きくなり、サンプル依存性も解消し、計算の信頼性が向上した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:57.56

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.