検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Neutronics integral experiments of lithium-oxide fusion blanket with heterogeneous configurations using deuterium-tritium neutrons

D-T中性子を用いた非均質配置の酸化リチウム核融合ブランケットについての中性子工学積分実験

大山 幸夫; 今野 力; 池田 裕二郎; 山口 誠哉; 津田 孝一; 小迫 和明*; 前川 洋; 中川 正幸; 森 貴正; 中村 知夫; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; A.Kumar*; M.Z.Youssef*; K.G.Porges*

Oyama, Yukio; Konno, Chikara; Ikeda, Yujiro; not registered; not registered; Kosako, Kazuaki*; Maekawa, Hiroshi; Nakakawa, Masayuki; Mori, Takamasa; Nakamura, Tomoo; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; A.Kumar*; M.Z.Youssef*; K.G.Porges*

核融合炉ブランケット中性子工学に関する原研/米国DOEとの協力計画のフェーズIICとして2種類の非均質ブランケットについて中性子工学実験を行った。実験体系は炭酸リチウムで中性子源を取囲んだ先のフェーズIIA実験と同じ形状である。典型的な非均質体系としてベリリウム多層体系と水冷却体系を選んだ。これらは物質境界で大きな中性子束勾配やスペクトル変化を与え、そこでの計算精度や測定法を調べることが目的である。測定ではボイド効果は低エネルギーに感度のある検出器に対し非均質な領域では無視できないことがわかった。また、ベリリウムや水の近傍で大きなトリチウム生成の増加が見られ、モンテカルロ計算はそのような境界でも良い一致を示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.