検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Attainment of high fusion reactivity under high bootstrap current fraction in JT-60U

JT-60Uの高ブートストラップ電流比プラズマにおける高核融合反応率の達成

西谷 健夫; 石田 真一; 菊池 満; 安積 正史; 山極 満; 藤田 隆明; 鎌田 裕; 河野 康則; 小出 芳彦; 波多江 仰紀; 森 雅博; 辻 俊二

Nishitani, Takeo; Ishida, Shinichi; Kikuchi, Mitsuru; Azumi, Masafumi; Yamagiwa, Mitsuru; Fujita, Takaaki; Kamada, Yutaka; Kawano, Yasunori; Koide, Yoshihiko; Hatae, Takaki; Mori, Masahiro; Tsuji, Shunji

JT-60Uの高ポロイダルベータ実験で得た、世界最高の核融合三重積およびDD中性子発生率を、定常および非定常解析コードによって解析した。その結果、等価核融合増倍率Q$$_{DT}$$は0.61で、発生中性子の約半分は熱核融合反応によることがわかった。また、Q$$_{DT}$$/Q$$_{DD}$$比は133~155で、TFTRのスーパーショットにより小さな値となった。これは主に高いイオン温度(~38keV)のためである。さらに、この放電において、プラズマ電流の50%(1MA)がブートストラップ電流に困っており、高いブートストラップ電流比と高い核融合反応率が両立することを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:69.36

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.