検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Outgassing measurement of the waveguide module for a steady state LHCD antenna

定常LHCDアンテナ用導波管モジュールのガス放出測定

関 正美; 小原 建治郎; 前原 直; 池田 佳隆; 今井 剛; 永島 孝; Goniche, M.*; J.Brossaud*; C.Barral*; G.Berger-By*; Ph.Bibet*; S.Poli*; Rey, G.*; G.Tonon*

Seki, Masami; Obara, Kenjiro; Maebara, Sunao; Ikeda, Yoshitaka; Imai, Tsuyoshi; Nagashima, Takashi; Goniche, M.*; J.Brossaud*; C.Barral*; G.Berger-By*; Ph.Bibet*; S.Poli*; Rey, G.*; G.Tonon*

低域混成波電流駆動(LHCD)を用いてトカマクの定常運転を可能とするためには、LHCDアンテナから大電力の高周波を連続入射することが必要である。高周波の連続入射で問題となるのは、耐電力特性とアンテナからのガス放出特性である。これらを調べるために、強制冷却通路をもつ分散強化銅製のテストモジュールを開発し、3.7GHzの準定常入射試験を行った。短いコンディション期間の後、テストモジュールは20kW/cm$$^{2}$$までもの高耐電力性を示した。また、450度ベーキング処理を行った後のガス放出率は、300度において~2$$times$$10$$^{-7}$$Pam$$^{3}$$/sm$$^{2}$$であった。ガス放出率は、高周波入射により低減されることや高周波電力依存性が無いことが分かった。さらに、水冷却で温度制御しながら15kW/cm$$^{2}$$の高周波を入射したところ、1800秒間にわたり一定の低ガス放出率(~10$$^{-7}$$Pam$$^{3}$$/sm$$^{2}$$)を観測し、連続入射の可能性を示した。このテストモジュールの開発・大電力試験を通じて、定常LHCDアンテナの工学的データベースを得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:51.89

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.