検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of the electron-positron pair in CS$$_{2}$$

CS$$_{2}$$中の陽電子-電子状態、ポジトロニウムと第4の陽電子状態の中間状態

平出 哲也

Hirade, Tetsuya

陽電子消滅に関し、二硫化炭素は他の液体中では見られない以下のような不思議な現象を示す。表面張力とオルソーポジトロニウム(o-Ps)寿命の相関から大きなずれ、低温でのポジトロニウム(Ps)形成収率の著しい低下、パラーポジトロニウム(p-Ps)とo-Psの形成比の1:3からの大きなずれ等である。これらを説明するためにPsと第4の陽電子状態(陽電子と電子が互いにクーロン力で束縛されている状態)の間に分布した状態の存在を提唱した。また、表面張力や陽電子・電子の状態を変化させることによって起こる現象をこのモデルで説明できることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.71

分野:Chemistry, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.