検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ITER物理R&D」専門家グループの現状と展望,2; 閉じ込めと輸送及びそれに関連するデータベースとモデリング

Status and prospect of ITER physics R&D expert groups; Confinement and transport/database and modelling related to ITER

滝塚 知典; 小川 雄一*; 東井 和夫*; 三浦 幸俊; 森 雅博; 若谷 誠宏*

Takizuka, Tomonori; not registered; not registered; Miura, Yukitoshi; Mori, Masahiro; Wakatani, Masahiro*

ITERの工学設計活動において、物理R&Dは重要な役割を担っている。物理R&Dの成果は専門家グループにより集約され、ITER設計に活用されている。「閉じ込めと輸送」及び「閉じ込めのデータベースとモデリング」の2つの専門家グループの活動の現状と展望について報告する。最初にグループの活動目的・作業方針とグループの会議等の活動状況について述べる。次に2つのグループの重要物理課題について概説する。ITERの閉じ込め性能の予測、Hモード閉じ込め比例則、そのITERへの外挿性確認のための比例則実験、Hモード遷移に必要なパワー閾値、輸送モデル・シミュレーションと実験分布データとの比較、ヘリウムの閉じ込め等に関する成果を紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.