検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

B$$_{4}$$C/Zircaloy reaction at temperatures from 1,173 to 1,953K

1,173$$sim$$1,953KにおけるB$$_{4}$$C/ジルカロイ反応

永瀬 文久; 上塚 寛; 大友 隆

Nagase, Fumihisa; Uetsuka, Hiroshi; not registered

シビアアクシデント時におけるBWR燃料集合体の損傷・溶融に及ぼす制御棒破損の影響を評価するための基礎的な知見を得ることを目的に、1173$$sim$$1953Kの温度範囲でB$$_{4}$$C中性子吸収材とジルカロイの化学反応を調べた。界面に形成された反応層の成長とジルカロイの肉厚減少を温度と時間の関数として評価し、反応速度を求めた。全体の反応は概ね2乗則に従い、各試験温度における反応速度定数を決定した。1823Kと1873Kの間で反応速度の急激な増大が見られた。これは反応の先端部で局所的にZr-BC系の液相が形成されることに起因している。したがって、反応速度定数の温度依存性は、1173$$sim$$1823K、1823$$sim$$1953Kという温度範囲に分けて決定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:74.69

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.