検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Angular dependence of organ doses and effective dose for external photon irradiation

光子外部被曝による臓器線量と実効線量の角度依存性

山口 恭弘; 吉澤 道夫 

Yamaguchi, Yasuhiro; Yoshizawa, Michio

ICRP1990年新勧告に基づき、新たに導入された各臓器・組織の等価線量、及び実効線量をモンテカルロ法により計算した。単色光子の面平衡ビームを異なる86方向から入射させ、等価線量と実効線量の入射角度依存性を検討した。その結果、両者とも強い角度依存性を有すること、実効線量は前方入射の場合に高い値を示すことが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.