検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Binary peak electrons observed at 0° for 2-4 MeV/u F$$^{q+}$$, Si$$^{q+}$$ and Ni$$^{q+}$$ ions in collisions with a He target

2$$sim$$4MeV/uのF$$^{q+}$$,Si$$^{q+}$$,Ni$$^{q+}$$イオンとヘリウムとの衝突による0°方向で観測されるバイナリーピークの電子

左高 正雄; 今井 誠; 山崎 泰規*; 小牧 研一郎*; 川面 澄*; 金井 保之*; 俵 博之*

Sataka, Masao; Imai, Makoto; not registered; Komaki, Kenichiro*; Kawatsura, Kiyoshi*; Kanai, Yasuyuki*; not registered

イオン原子衝突においてバイナリーピーク電子は放射線と物質との相互作用での高エネルギー2次電子であり、トラック構造、プラズマ物質等で重要である。この電子放出過程において多価イオンを入射粒子とする場合に核外電子による原子核電荷の遮蔽効果に異常性が見られた。すなわち高電離イオンによるバイナリー電子放出よりも低電離イオンによる場合の方が強度が強いことがわかった。この研究成果についてレビューする。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:57.52

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.