検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Doppler effect measurement up to 2000$$^{circ}$$C at FCA

FCAにおける2000$$^{circ}$$Cまでのドップラー効果測定

岡嶋 成晃; 大井川 宏之; 安藤 真樹; 向山 武彦

Okajima, Shigeaki; Oigawa, Hiroyuki; Ando, Masaki; Mukaiyama, Takehiko

原型炉級MOX-FBR模擬炉心(FCA XVII-1炉心)において、サンプル加熱法(~1500$$^{circ}$$C)と箔加熱法(~2000$$^{circ}$$C)を組合わせて、2000$$^{circ}$$Cまでのドップラー効果測定を行なった。計算は、PEACO-Xを用いて、サンプル加熱法では一次摂動法にて、箔加熱法ではセル計算にて行った。また、核データとして、JENDL-3.1を使用した。実験と計算を比較すると、サンプル加熱法ではC/Eは0.96であり、箔加熱法のC/Eは0.98であった。計算は、実験と良い一致を示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.