検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Impurity and particle recycling reduction by boronization in JT-60U

JT-60Uにおけるボロナイゼーションによる不純物及び粒子リサイクリングの減少

東島 智*; 杉江 達夫; 久保 博孝; 辻 俊二; 嶋田 道也; 朝倉 伸幸; 細金 延幸; 河野 康則; 中村 博雄; 伊丹 潔; 逆井 章; 清水 勝宏; 安東 俊郎; 西堂 雅博

Higashijima, Satoru*; Sugie, Tatsuo; Kubo, Hirotaka; Tsuji, Shunji; Shimada, Michiya; Asakura, Nobuyuki; Hosogane, Nobuyuki; Kawano, Yasunori; Nakamura, Hiroo; Itami, Kiyoshi; Sakasai, Akira; Shimizu, Katsuhiro; Ando, Toshiro; Saido, Masahiro

不純物を減少させることは核融合炉実現には不可欠である。この観点からJT-60Uではデカボランを用いたボロナイゼーションを実施している。ボロナイゼーションを、導入することで、大気開放後直ちに不純物密度(特に酸素密度)を低下させることができた。しかし、他のコンディショニング法を用いて最終的に得られたプラズマの各不純物密度と比較すると、大幅に改善されたとは言い難い。一方粒子リサイクリングはボロナイゼーションにより明確に減少し、結果的にこれがプラズマの閉じ込め改善に寄与していると考えている。次回ボロナイゼーションを計画しており、本講演では不純物及び粒子リサイクリングに着目した解析を行い、今までのボロナイゼーションについてまとめる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:92.87

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.