検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of a high brightness negative hydrogen ion source

高輝度負水素イオン源の開発

小栗 英知  ; 奥村 義和; 宮本 直樹*; 草野 譲一; 水本 元治

not registered; Okumura, Yoshikazu; Miyamoto, Naoki*; Kusano, Joichi; Mizumoto, Motoharu

原研では、加速エネルギー1.5GeV、平均ビーム電流10mAの性能を有する大強度陽子加速器の建設を計画している。本加速器を用いて中性子基礎科学実験を行うために、ビーム貯蔵リングを加速器後段に設ける必要がある。そのため当研究室では、負水素イオンビームを生成するイオン源の開発に着手している。現在開発中の負水素イオン源は、体積生成型と呼ばれるもので、少量のセシウムをプラズマ生成室内に導入することで、高密度の負水素プラズマを生成する。また、7個のビーム引き出し孔から引き出されるイオンビームを静電レンズ効果によって、ある一点に集束させるという比較的新しい技術を用いることで、高輝度のビーム引き出しを目指す。本イオン源は、既に製作を終え、間もなくビーム引き出し実験を開始する予定である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.68

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.