検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Photoemission and ion-scattering study of Ce/Ni(110) and Ce/Cu(110) systems

Ce/Ni(110)及びCe/Cu(110)の光電子分光及びイオン散乱による研究

岡根 哲夫; 山田 みつき*; 鈴木 章二*; 佐藤 繁*; 木下 豊彦*; 柿崎 明人*; 石井 武比古*; 小林 峰*; Shimoda, S.*; Iwaki, M.*; Aono, M.*

Okane, Tetsuo; Yamada, Mitsuki*; Suzuki, S.*; Sato, S.*; Kinoshita, Toyohiko*; Kakizaki, A.*; Ishii, T.*; Kobayashi, Takane*; Shimoda, S.*; Iwaki, M.*; Aono, M.*

ニッケル及び銅の単結晶表面にセリウムを蒸着した系の電子状態を、X線光電子分光並びにシンクロトロン放射を利用した真空紫外光電子分光により調べた。この系では界面において原子の拡散が起こる結果、希土類金属-遷移金属合金から成る表面相が形成されることを確認した。そこで、構成原子の試料表面から深さ方向についての分布を調べるために中エネルギーイオン散乱実験も行った。実験の結果、ニッケル表面上にセリウムを蒸着した系では、セリウム4f準位と伝導電子帯の間の混成強度が表面層におけるセリウム濃度と強い相関関係を有していることを見出した。一方銅の表面にセリウムを蒸着した系においては、この混成強度が表面層でのセリウム濃度にほとんど依存しないことが解った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:72.92

分野:Spectroscopy

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.