検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Moessbauer and conversion-electron measurements of $$^{133}$$Xe-implanted sources for the determination of the change of nuclear charge radius in the 81keV transition of $$^{133}$$Cs

$$^{133}$$Csの81keV遷移における核電荷半径の変化を決定するために行った$$^{133}$$Xeの注入線源のメスバウア及び内部転換電子測定

村松 久和*; 伊東 誉*; 三沢 雅志*; 三浦 太一*; 小泉 光生 ; 長 明彦 ; 関根 俊明; 藤田 雄三*; 小俣 和夫*; 矢永 誠人*; 遠藤 和豊*; 中原 弘道*; 藤岡 学*

not registered; not registered; not registered; Miura, Taichi*; Koizumi, Mitsuo; Osa, Akihiko; Sekine, Toshiaki; not registered; not registered; not registered; not registered; Nakahara, Hiromichi*; not registered

RIをプローブとする核物性的研究として、メスバウア核$$^{133}$$Csの81keVの遷移について、遷移の前後の核電荷半径の変化$$Delta$$R/Rを求める実験を行った。$$Delta$$R/R$$neq$$0の場合、$$Delta$$R/Rと核位置での電子密度の積に比例して、メスバウアスペクトルに異性体シフトを生じる。外殻電子の状態は位置での電子密度に反映されるので、異性体シフトの測定からプローブ原子の置かれている状態を定量的に議論するために$$Delta$$R/Rの値が必要である。本研究では、$$^{133}$$Csの親核$$^{133}$$Xeをイオン注入した試料について、核位置での電子密度は高分解能内部転移電子測定から、異性体ソフトはCsClを吸収体にしたメスバウア測定から求め、予備的ではあるが、$$Delta$$R/R$$sim$$0.5$$times$$10$$^{-4}$$を得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.