検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

疑似不規則信号を用いた原子力船「むつ」動特性同定実験,I; 第1回実験

Reactor dynamics experiment of N.S.Mutsu using pseudo random signal, I; The First experiment

林 光二; 島崎 潤也; 鍋島 邦彦 ; 篠原 慶邦; 井上 公夫*; 落合 政昭

Hayashi, Koji; Shimazaki, Junya; Nabeshima, Kunihiko; Shinohara, Yoshikuni; Inoue, Kimio*; not registered

原子力船「むつ」の原子炉プラント動特性を評価する目的で、疑似不規則2値信号(PRBS)を用いた炉雑音実験を計画し、実験法や実験条件の調査確認を目的とする第1回実験を第1次実験航海中の1991年3月4日に実施した。炉出力70%、静穏海域下で、制御棒または主蒸気弁の手動操作によりPRBSを印加する反応度外乱実験ならびに負荷外乱実験を行い、プラント応答信号や船体加速度信号を測定した。この結果、(1)事前に検討した実験方法と条件が妥当であること,(2)PRBS外乱を印加してもプラント状態は安定であること,(3)測定データの質も解析に十分である、などが確認できた。本報告は実験の計画、準備、実験の記録、データ収録条件ならびに信号波形とパワー・スペクトル解析の結果をまとめたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.