検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Phase III experiments of the JAERI/USDOE collaborative program on fusion blanket neutronics - Line source and annular blanket experiments, Volume I; Experiment

核融合ブランケット中性子工学に関する原研/米国エネルギー省協力計画フェイズIII実験,線状線源と環状ブランケットについての実験と解析,第1部; 実験

大山 幸夫; 今野 力 ; 池田 裕二郎; 前川 藤夫 ; 小迫 和明*; 中村 知夫; 前川 洋; M.Z.Youssef*; A.Kumar*; M.A.Abdou*; 渡辺 洋一*; Bennett, E. F.*

Oyama, Yukio; Konno, Chikara; Ikeda, Yujiro; Maekawa, Fujio; Kosako, Kazuaki*; Nakamura, Tomoo; Maekawa, Hiroshi; M.Z.Youssef*; A.Kumar*; M.A.Abdou*; not registered; Bennett, E. F.*

加速器型点状D-T中性子源を用いて疑似線状線源を実現した。この線源は連続的に動く点状線源を時間平均するか、細かく分布した点状線源を重ね合わせることで得られる。線源特性の測定を連続とステップの2つの運転モードに対して、放射化法とNE213検出器で行い、モンテカルロ法の計算と比較した。この線源を用いて3種の環状ブランケット体系:基準体系、黒鉛アーマー体系、大口径開口部体系について積分実験を行った。測定ではこの線状線源に適用するために新たな手法を開発した。ここで得られた実験データは実際のトカマク炉の設計計算の信頼度を調べるに適した、従来より高度なベンチマークデータを与える。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.