検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Reduction of L-H transition threshold power under the W-shaped pumped divertor geometry in JT-60U

JT-60Uの排気付W型ダイバータにおけるL-H遷移加熱閾値の低減

福田 武司; 滝塚 知典; 土屋 勝彦; 鎌田 裕; 朝倉 伸幸

Fukuda, Takeshi; Takizuka, Tomonori; Tsuchiya, Katsuhiko; Kamada, Yutaka; Asakura, Nobuyuki

閉じ込め性能の顕著な改善が得られるHモードは、ITERの標準運転方式に採用されており、これまで実験と理論の両面で活発な研究が進められてきた。その結果、H-モード遷移の物理機構に関する描像が確立されたが、遷移に必要な条件の定量的な理解には至っていない。ITERにおける遷移加熱閾値の評価も数多くの実験装置で得られた結果を統計処理した外挿値に基づいており、この予測値の幅が大きいことが問題となっている。本研究では、予測値の幅を拡げる要因として従来不明瞭であったダイバータの幾何形状効果をJT-60で調べた。その結果、開放型のダイバータに比較して排気付の閉構造ダイバータでは、Hモード遷移に必要な加熱入力が顕著に低減することがわかった。また、その要因として不純物量の低減による放射損失強度の低下とプラズマ周辺部の中性粒子がダイバータ領域に圧縮されることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:76.81

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.