検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Target station design of 1 MW spallation neutron source at the high intensity proton accelerator facilities J-PARC

大強度陽子加速器計画J-PARCにおける1MW核破砕中性子源のターゲットステーション設計

高田 弘  ; 前川 藤夫 ; 本村 士郎*; 吉田 勝彦*; 寺奥 拓史*; 明午 伸一郎  ; 坂井 昭夫*; 春日井 好己 ; 兼近 修二*; 大竹 秀範*; 古坂 道弘*; 日野 竜太郎; 池田 裕二郎; 渡辺 昇

Takada, Hiroshi; Maekawa, Fujio; Honmura, Shiro*; Yoshida, Katsuhiko*; Teraoku, Takuji*; Meigo, Shinichiro; Sakai, Akio*; Kasugai, Yoshimi; Kanechika, Shuji*; Otake, Hidenori*; Furusaka, Michihiro*; Hino, Ryutaro; Ikeda, Yujiro; Watanabe, Noboru

大強度陽子加速器計画で建設する1MW核破砕中性子源はヘリウムベッセル,ベッセルサポートシリンダ,遮蔽ブロック,23本の中性子ビームライン,陽子ビーム窓等の機器で構成される。機器はライナーの内側に配置され、ヘリウムベッセルを中心とし、その周囲を中性子ビームシャッターを含む鉄鋼製の遮蔽で取り囲む。鉄遮蔽の外周には重コンクリートを配置し、その外表面の線量率が12.5$$mu$$Sv/hを超えないことを設計条件とした。ライナーの外形は直径9.8mであり、重コンの厚さは2.2-2.7mである。ライナー内は遮蔽体の除熱とNOxガスの発生抑制のため乾燥空気を循環させる。このようなステーション構造の概要と機器構造の各論、例えば中性子ビームシャッターは2本ロッド懸垂方式の直方体状で、その一部にガイド管等を装着したダクトを挿入できる構造であること、について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.