検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A First-order matrix approach to the analysis of electron beam emittance growth caused by coherent synchrotron radiation

コヒーレント・シンクロトロン放射に起因する電子ビームエミッタンス増大の解析への行列計算手法の適用

羽島 良一

Hajima, Ryoichi

コヒーレント・シンクロトロン放射による電子ビームエミッタンスの増大は、XFEL,ERLといった次世代放射光源の開発において重要な研究課題である。本稿では、1次変換行列を用いたエミッタンス計算手法を提案し、また、粒子追跡シミュレーションの結果と比較することで、その有効性を確認した。本手法を用いることで、エミッタンス補償を含んだビーム輸送系の設計が簡便かつ迅速に行える。

A first-order transform matrix is proposed to calculate electron beam emittance dilution arising from coherent synchrotron radiation (CSR) in a next-generation light source based on an energy-recovery linac. The matrix approach enable us to scan a lot of parameters for the design of achromatic cells of minimum emittance dilution. The emitatce dilution can be minimized when the CSR wake dispersion matches to the betatron function envelope at the achromatic cell exit.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:60.28

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.