検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analyses of streamed neutron spectra at TIARA using DUCT-III

DUCT-IIIを用いたTIARAストリーミング中性子スペクトルの解析

増川 史洋; 中野 秀生*; 中島 宏; 笹本 宣雄; 田山 隆一*; 林 克己*; 秦 和夫*

Masukawa, Fumihiro; Nakano, Hideo*; Nakashima, Hiroshi; Sasamoto, Nobuo; Tayama, Ryuichi*; Hayashi, Katsumi*; Shin, Kazuo*

DUCT-IIIは、ダクト内の散乱線束の空間-エネルギー分布を表す秦の式に基づくもので、大強度陽子加速器施設(JPARC)の遮へい設計のために開発された高エネルギー中性子ストリーミング簡易計算コードである。本コードの精度検証の一貫として、DUCT-III を2回屈曲を持つTIARA迷路におけるストリーミング中性子スペクトル測定の解析に適用した。DUCT-IIIは測定された中性子スペクトル及びモンテカルロ計算を十分によい精度で再現し、線量評価には十分に適用可能であることを確認できた。ただし、DUCT-III,モンテカルロ計算ともに、熱中性子に関してはファクタ2, 3で測定値を過大評価した。

A simple design code for duct-streaming radiations, DUCT-III was applied to the analyses of the streamed neutron spectra measured at TIARA labyrinth with two bends. The code satisfactorily reproduced the measured neutron energy spectra and the Monte Carlo calculations, except that every calculation overestimated the measured thermal components by factor of 2 or 3.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.